マーチャンダイザーという仕事


マーチャンダイザーとは?

night-owl-man-working-on-computer-at-night-picjumbo-com

仕事内容

商品の企画や販売戦略、予算を管理することが主な仕事で、アパレル会社においては利益を生み出すのに必要不可欠な仕事です。
マーチャンダイザーの仕事はいわゆるファッション業界の仕事として集大成と言えるかもしれません。現場レベルから始まったファッションの仕事から、まず一店舗の店長として経営を任され、そしてより会社の中枢の運営に携わるようなり、そしてマーチャンダイザーという仕事を担うことになります。

必要なスキル

ファッションにおける知識のみならず、経営センスや顧客・スタッフとのコミュニケーション能力、そして分析能力や監督力などあらゆる能力が必要になります。
これらのほとんどは現場に出て、仕事をする中で身についていくことになります。専門学校に通ったことで全てを把握できるわけではありませんが、現場を経験している現役のプロが講師にいる専門学校であればリアルな話を聞きつつ、そこに必要な能力の根幹的部分をしっかりと育てることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする